パパ活相場に関する考察

パパ活のすすめ

大学を卒業して一生懸命就活していたのに、自分が希望する企業の内定がもらえなかったと言う若い女性も少なくありません。これは日本経済が疲弊しているためなのです。
政策は焼け石に水であり、一向に消費がのびません。またそのことでサラリーマンの年収も伸び悩んでいるのも事実です。
そして雇用は一向に安定せず、新卒にむけた求人も減っていると言われています。そのため新卒の可愛い女性が仕事に溢れ、路頭に迷うことも珍しくありません。貧困女子と言う言葉はこうした時代背景から生まれたと言えます。いつまでも就職できないからと言って親のすねをかじっている訳にはいきません。
どんな手段を講じてでも自分で働き自分の生活費ぐらいは自分で賄わなければいけません。
そこで自立心の強い女性はパパ活などを真剣に考え、一人で一生懸命生きて行こうと覚悟を決めます。しかし何もパパ活を重く考える必要はありません。年齢層は幅広く経済的に余裕のある男性とお茶を飲んだり、食事をしたり、時にはデートのふりをしてみたり、旅行に行くだけで報酬を貰うことができるのです。
相手が経済的余裕のある男性が多いので時折お小遣いをもらうことが出来るので、他のアルバイトや水商売をするよりも時給相場が高いと言えます。またキャバクラやクラブ通いするよりも仕事に従事する時間も短くて済むので時給相場が高いのです。そのため空いた時間にショッピングを楽しんだり、就職活動することもできます。またパパ活には単発と月極があります。

 

パパ活の時給相場

パパ活をするのは非常に簡単な方法で行うことができます。
一番簡単な方法は自分の携帯電話やスマートフォン、パソコンを用いてパパ活のサイトにアクセスすることです。アクセスするとそこには掲示板があり、単発希望か月極希望か記入できるようになっています。単発であると自分が好きな時間や空いた時間でパパとデートし、お小遣いを稼ぐことができます。単発であるためにその時給相場は安くなっています。しかし一般的なファーストフードでのアルバイトに比べると破格値であるのは間違いありません。その相場は時給2000円以上であり、また肉体関係などがあるかないかでも大きく変わってきます。
また月極であると月単位で報酬が貰えます。一般OLをする以上の収入が得られるのは言うまでもありません。体の関係がなくても月に30万円以上の稼ぎがあります。また特定のパパと肉体関係があれば50万円以上は保証されると言っても過言ではありません。
またパパに気に入ってもらえれば月単位が年間単位になり、莫大な収入になっていきます。人気のある女性であるとパパを何人か持ち付の収入が売れっ子ホステスの収入をはるかに超えます。ホステスのように無理矢理飲めないお酒を飲んだり、深夜に着物を着つけて明け方まで働かなくてはいけないという身体的、精神的苦痛もありません。夜には決まった時間に就寝できたり、日中も好きなようにショッピングしたり学校に通うこともできるのです。